06-6768-0221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:00

ご子息へ引き継ぎたい方

  1. 井川税理士事務所 >
  2. 事業承継に関する記事一覧 >
  3. ご子息へ引き継ぎたい方

ご子息へ引き継ぎたい方

ご子息などの親族へと会社の経営を引き継ぐ、親族承継は事業承継の中で最も大きな割合を占めています。近年は減少傾向にありますが、それでも事業承継全体の4割を占めています。

■親族承継のメリット
親族承継のメリットとして最も信頼のおける親族に事業を引き継ぐため比較的行いやすい事業承継といえるといえます。また親族へ承継されるということで取引先や融資を受けている金融機関からの信頼も得やすいと言われています。

■親族承継のデメリット
反対にデメリットとして、ご子息の経営者としての能力があるかの判断をしにくいということが挙げられます。
ご子息が後継者として既定路線となっている場合はこの辺りを鑑みるのは重要なことですが非常に難しいと言えます。また経営者の方はやはり事前に周到な準備が必要です。

まず後継者たる親族の方の意思をなるべく早く確認することが非常に大事です。現代は働き方が多様化しており、会社を経営している家であっても別の会社にご子息が勤めていることがあるかと思います。そういった場合は現経営者がご子息に継がせると考えていても、ご子息が拒否してしまうケースがあります。
実際に親族承継が行われなかったとき事業を継がない理由として「親の事業に興味がない、将来性がない」と判断する経営者親族は5割に上ります。親族が継がず、他に後継者を考えていなかった場合は経営者の年齢にもよりますがかなり緊急事態といって良いでしょう。

親族承継を円滑にするためには後継者となる親族にしっかりと確認をとることが第一です。その後は後継者と一緒に取引先などを回り後継者の承認を社内、社外から得ることが必要です。この時間を少なくとも3~5年以上取ったほうが良いでしょう。その後経営権を承継していくことになるのですが、株の扱いについてはそれぞれの会社に合わせた対応となるでしょう。

生前贈与するか、経営者が健在なうちは株の譲渡は行わず、会長のような形で残るケースもあります。ここに関しては専門家に個別に相談して決定するべきでしょう。

井川税理士事務所が提供する基礎知識

  • 医療機関税務顧問

    医療機関税務顧問

    医療機関でも「税務」は切っても切り離せない存在です。特に法人成りをした医療機関は、個人事業で業務をされ...

  • 相続税申告の流れ

    相続税申告の流れ

    遺産に対する税金である相続税の申告にあたって、まずは申告の必要があるかを判断すること、つまり税額の計算...

  • 廃業・リタイアされたい方

    廃業・リタイアされたい方

    親族承継、従業員承継ともに事業承継は容易なものではないことを確認してきました。それならば自分の代でも店...

  • ご子息へ引き継ぎたい方

    ご子息へ引き継ぎたい方

    ご子息などの親族へと会社の経営を引き継ぐ、親族承継は事業承継の中で最も大きな割合を占めています。近年は...

  • 会社設立に必要な手続き

    会社設立に必要な手続き

    〇会社設立に必要な手続き 会社は営利を目的とする社団法人であるため、会社の設立とは社団を設立し、そこに...

  • 事業承継を税理士を依頼するメリット

    事業承継を税理士を依頼...

    事業承継は大変多様な知識が必要です。そのため顧問の税理士だけで対応できない場合もあります。 ここでは相...

  • 税務顧問を依頼するメリット

    税務顧問を依頼するメリット

    税理士に税務顧問を依頼することによって、次のようなメリットがあります。 ・「日頃からの税務相談に乗っ...

  • 役員・従業員へ引き継ぎたい方

    役員・従業員へ引き継ぎたい方

    最近増加している事業承継の形として従業員承継があります。従業員承継は社員を社内からの登用という形で経営...

  • 相続税の申告は自分でできるのか

    相続税の申告は自分でで...

    相続税の申告は、相続財産の内容や特例利用の有無などによって難易度が大きく変わり、「全てのケースにおいて...

よく検索されるキーワード

ページトップへ