06-6768-0221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:00

会社を売却されたい方

  1. 井川税理士事務所 >
  2. 事業承継に関する記事一覧 >
  3. 会社を売却されたい方

会社を売却されたい方

ここでは最近活発化している会社の売却、M&Aについて取り上げます。
M&AはMerge and Acquisitionの略で会社の合併買収のことです。
近年M&Aの成約件数は過去最高水準となっており年間3000件以上M&Aが行われています。会社を売却したいと思っている経営者の方は自分の会社の強みを理解することが十四ジュになります。必ずしも黒字で経営が盤石でなければならない、というわけではありません。
例えば、「独自の技術を持っている」、「大手との取引経験がある」など会社の強みはさまざまです。
自分の会社の価値を分かっていないともっと高い買い手がつくはずが、安く買われてしまうこともあります。まずは自分の会社の価値を理解することです。

■M&Aの課題
M&Aの課題としては民間のM&A仲介業者を通したM&Aが基本になりますが、仲介料が売買価格の5~7%と場合によってはなかなか高額になることがあります。またM&Aで事業承継ということを考えた場合、条件を伴ってM&Aを行うとしてもそれまで培ってきた社風や従業員の働き方も変化してしまうことが往々にしてあります。

従業員の雇用そのものも売却先に任せることになるためそれまで会社を作ってきた経営者の方からしたら大変心苦しい思いになるかもしれません。また、交渉にも時間が年単位でかかることも多いためM&Aをお考えの方は早めに検討することに越したことはありません。

井川税理士事務所では、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県を中心に関西全域のエリアで「税務顧問」や「医療税務支援」、「事業承継」に関する税務相談を受け付けております。「事業承継」に関してお困りのことがございましたらお気軽に当事務所までお問い合わせください。

井川税理士事務所が提供する基礎知識

  • 医業支援税務を税理士に依頼するメリット

    医業支援税務を税理士に...

    医業承継はご自身で行うことも可能です。しかし、その場合「後継者が見つからない」、「コストがかかってしま...

  • 相続税の申告は自分でできるのか

    相続税の申告は自分でで...

    相続税の申告は、相続財産の内容や特例利用の有無などによって難易度が大きく変わり、「全てのケースにおいて...

  • 相続税の申告をしなければいけない財産とは

    相続税の申告をしなけれ...

    相続税の課税対象は、相続または遺贈によって取得した財産で(相税2条)、先述のように、ここに言う財産は「...

  • ご子息へ引き継ぎたい方

    ご子息へ引き継ぎたい方

    ご子息などの親族へと会社の経営を引き継ぐ、親族承継は事業承継の中で最も大きな割合を占めています。近年は...

  • 大阪市の廃業手続きは専門家にご相談ください

    大阪市の廃業手続きは専...

    廃業手続きは、法人か個人事業かで手続きの流れが異なります。 ■法人の廃業手続き ①廃業日を確定し、廃...

  • 役員・従業員へ引き継ぎたい方

    役員・従業員へ引き継ぎたい方

    最近増加している事業承継の形として従業員承継があります。従業員承継は社員を社内からの登用という形で経営...

  • 個人事業主が事業を廃業する場合

    個人事業主が事業を廃業...

    個人事業主が廃業をする場合には、廃業手続きを行います。廃業手続きでは2か所に廃業等届出書を提出する必要...

  • 相続税の申告が必要な場合と必要ない場合

    相続税の申告が必要な場...

    相続税の申告が必要となるケースは、原則納税が必要な場合のみです。 相続税は、相続人自らの手で納税額を定...

  • 銀行から融資を受けるには

    銀行から融資を受けるには

    中小企業にとって銀行からの融資を受けることは非常に重要です。 融資を受けられなければ資金繰りが困難にな...

よく検索されるキーワード

ページトップへ