06-6768-0221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:00

M&Aの分かりやすい解説

  1. 井川税理士事務所 >
  2. 事業承継に関する記事一覧 >
  3. M&Aの分かりやすい解説

M&Aの分かりやすい解説

M&Aとはひとことでいうと合併と買収になります。もう少し詳しくお話しすると複数の事業をひとつにすることを合併、ある会社を買ったり売ったりすることを買収になります。今回は具体的なM&Aの方法について確認をしていきましょう。

【M&Aの方法について】
M&Aには6種類あり、次のようになります。
株式譲渡…会社の経営者が所有している株式を買収側に譲り渡すことによって経営を承継する方法になります。おもに会社を引き継ぐ後継者が恵まれなかったときに利用する事業承継のひとつでもあります。
株式移転…1つ以上の株式会社が、新設された会社に発行しているすべての株式を渡すことで新しい会社を親会社・株式を渡した側が子会社になる関係になることをさします。
株式交換…会社を買い取る側が買収の埋め合わせとして新しい株式を発行し、買収される側の会社の所有している株式と交換することによって買収される側の会社の経営権を握る手法になります。
合併…ひとつの会社、もしくはふたつ以上の会社がほかの会社にすべての権利を承継させる方法になります。こちらも事業承継のひとつとして数えられます。
会社分割…ひとつの会社だったものをふたつ以上に分割し法人化して、それぞれに事業・資産・人員などを移転させることをいいます。
事業譲渡…会社の事業を他の会社に引き継がせることをいいます。

以上がM&Aの概要と種類でした
M&Aは単に会社のすべてを買収したり合併をおこなったりするだけでなく、一部の事業を他の会社に任せるということも出来ます。そのためM&Aを利用したいとお考えの方は自身の会社にあった方法を確認しておいた方がのちのちのためになるでしょう。
とはいえ、実際どの手段が自身にあっているか考えるのは難しいです。なので悩んだ場合は一度専門家に相談することをおすすめします。相談することによって自身が見えていなかった新たな方法が見つかる可能性があるかもしれません。

井川税理士事務所が提供する基礎知識

  • 医療法人設立認可申請

    医療法人設立認可申請

    医療法人を設立するにあたっては、一般の株式会社のように自由な時期に設立することが出来ず、都道府県知事の...

  • 廃業・リタイアされたい方

    廃業・リタイアされたい方

    親族承継、従業員承継ともに事業承継は容易なものではないことを確認してきました。それならば自分の代でも店...

  • 医業承継対策

    医業承継対策

    医療機関は1代では終わらずに事業承継を行うことも多々あるかと思います。現在高齢化社会となり、後継者不足...

  • 医療機関税務顧問

    医療機関税務顧問

    医療機関でも「税務」は切っても切り離せない存在です。特に法人成りをした医療機関は、個人事業で業務をされ...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    〇会社設立の流れ 会社の設立は、商号や事業の目的等の基本事項の決定から始めるのが一般的です。 その後は...

  • 相続税の申告が必要な場合と必要ない場合

    相続税の申告が必要な場...

    相続税の申告が必要となるケースは、原則納税が必要な場合のみです。 相続税は、相続人自らの手で納税額を定...

  • どんなときに税務顧問が必要か

    どんなときに税務顧問が必要か

    経営や税務に関してお困りになってから税理士に相談をされる方が多くいらっしゃいます。税理士は税務に関して...

  • 税務調査の時期はいつ頃か?

    税務調査の時期はいつ頃か?

    税務調査とは国税庁が管理下にある税務署が法人・個人に向けて正しく税金が支払われているかどうかを毎年調査...

  • 相続税の税務調査

    相続税の税務調査

    相続税は自分で申告を行うため、脱税の有無を確認する「税務調査」が多いと言われ、相続税申告者の2〜3割は...

よく検索されるキーワード

ページトップへ