06-6768-0221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:00

会社設立に必要なもの

  1. 井川税理士事務所 >
  2. 会社設立・起業サポートに関する記事一覧 >
  3. 会社設立に必要なもの

会社設立に必要なもの

会社を設立するにはさまざまな手続きをする必要があります。
こうした手続きには、印鑑や各種証明書といった事前に準備しておかなければならないものがあります。

ここでは会社設立において必要となるものを紹介していきます。

1.証明書等
・発起人の印鑑証明書
発起人の印鑑証明書は定款認証の際に必要になります。
印鑑証明書の有効期間は発行日から3か月以内であるため注意が必要です。
なお、印鑑証明書は市区町村役場で取得できます。
また、発起人が法人の場合には法人の印鑑証明書い加えて、履歴事項全部証明書も用意しておきます。

・取締役又は代表取締役の印鑑証明書
取締役又は代表取締役の印鑑証明書は登記申請に必要です。
発起人と兼ねる場合には、発起人の分とは別に用意しておく必要があります。

2.印鑑等
・発起人の個人実印
市区町村役場で印鑑登録済みの印鑑を指します。
発起人として書類に押印する際に必要になります。

・取締役又は代表取締役の個人実印
設立登記の際に法務局に印鑑証明書を提出して実印登録を行います。
取締役(代表取締役)として書類に押印する際に必要となります。

・会社の金融機関届出印
銀行の法人口座開設や、手形や小切手の振出しに使用します。

・社印
見積書や領収証に使用します。
一般に、角印で作成します。

・ゴム印
ゴム印は一般に、横書きで作成します。
ゴム印には、本店所在地、電話・FAX番号、会社名、代表者名を彫ります。

3.資本金等
・発起人の銀行口座
資本金払込みに使用します。発起人が複数人である場合には代表者の口座を使用します。

・現金もしくは現物
資本金に充てる現金を用意します。
現物出資の場合には金銭以外の財物を用意し、財産引継書を作成します。

以上が会社設立に必要なものになります。
設立手続きを円滑に進めるためにも、計画的に準備を進めていくことが大切です。


井川税理士事務所では、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県の地域を中心に、関西地方の地域で、有限会社のメリット、資本金の額、助成金と補助金について、といった起業サポートに関するご相談を承っております。
お悩みの際には当事務所までご相談下さい。

井川税理士事務所が提供する基礎知識

  • 税務調査の概要と流れ

    税務調査の概要と流れ

    税務調査では、主に会社での税務会計処理が適切に行われているかどうかを調査します。この調査で脱税目的の不...

  • 相続税の税務調査

    相続税の税務調査

    相続税は自分で申告を行うため、脱税の有無を確認する「税務調査」が多いと言われ、相続税申告者の2〜3割は...

  • 会社設立を税理士に依頼するメリット

    会社設立を税理士に依頼...

    ■会社設立を税理士に依頼するメリット 会社設立には、さまざまな書類の作成や手続きが必要となります。 こ...

  • 銀行から融資を受けるには

    銀行から融資を受けるには

    中小企業にとって銀行からの融資を受けることは非常に重要です。 融資を受けられなければ資金繰りが困難にな...

  • 税務顧問で提供するサービス

    税務顧問で提供するサービス

    ビジネスパートナーとして、まずは税理士と顧問契約を結ぶことが大半です。税務顧問契約を結ぶことによって、...

  • 会社の廃業手続き方法

    会社の廃業手続き方法

    会社を廃業する時は、主に「解散」と「清算」の二段階のプロセスがあります。 ①廃業のお知らせを通知する...

  • 相続税の申告をしなければいけない財産とは

    相続税の申告をしなけれ...

    相続税の課税対象は、相続または遺贈によって取得した財産で(相税2条)、先述のように、ここに言う財産は「...

  • 大阪市の企業で事業譲渡を検討されている場合

    大阪市の企業で事業譲渡...

    事業譲渡とは、会社全体でなく特定の部門の事業だけを第三者に譲渡するM&Aです。 事業譲渡の売り手側の...

  • 税務顧問を依頼するメリット

    税務顧問を依頼するメリット

    税理士に税務顧問を依頼することによって、次のようなメリットがあります。 ・「日頃からの税務相談に乗っ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ